リフォームローン審査の必要書類

リフォームローンの審査を申し込むときの必要書類は?

正しいリフォームローンの選び方は金利だけを重視しないということです。

借入れ可能な期間や上限金額や担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや手数料などの諸費用や審査内容もも比較要件です。

建材メーカーの中には自社の商品を使ってリフォームすると金利0%、しかも無担保でローンを組めることもあります。

リフォームローンは様々な会社から魅力的なプランが用意されていますのでリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資可能金額は50万円以上1 000万円以内となっており、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを選択することもできます。

貸付利率の適用基準は変動金利型で、年に2回(4月1日と10月1日に貸付金利の見直し)の長期プライムレート(基準金利)を3か月後の口座振替から適用になります。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

リフォームローンの口コミでの注意点として、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

やはり低金利なローンは人気なので多くの人が集中するため審査基準が厳しめになっているようです。

故に、残念ながら審査に落ちてしまいその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に合った商品を見落とすかもしれません。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローン金利比較をするのであれば大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件を簡単に比較できます。

金利や借入限度額、審査内容など条件ごとに並び替えすることも可能です。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずともネットで完結できるローンが増えています。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。また審査の申込みの必要書類もチェックが必要です。

参考:リフォームローン審査の必要書類は?リフォームローンの申し込み! 【Q&A】

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額は1/10程度しかありません。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円以内がほとんどです。

リフォームローンの金利は、金利は2%から5%、返済期間は最長でも10年から15年しかありませんので、借入金額が多いと返済額が大きくなってしまいます。

無理のない返済額をしっかりとシミュレーションすることが大切です。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税ですね。

申告することによってその年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件が指定されていて定められています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリー化の工事については20万円と定められています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下などが挙げられます。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金はリフォーム業者によって対応が異なります。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので複数のリフォーム業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

リフォームローンが余った場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合にはいくらか多めに上乗せ融資をしたらどうかと勧めてくることがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

リフォームローンの審査の内容は?

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用可能なリフォームローンです。

一方で、借入期間の短さや金利の高さ、限度額の低さなど担保型に比較してデメリットを感じる部分も多くあります。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは規模が小さめのリフォームだと言えるでしょう。

持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため審査に通りやすいと言われています。

リフォームローンの金利ですが金融機関によってそれぞれ異なります。

低金利の場合1%台からありますが、金利は15%近いという金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。

リフォームローンの一体型とは分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンが良いかと思います。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます但し、注意点もあります。

それは、事前審査の内容においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

リフォームローンに落ちた、審査に通らなかったという人は、その原因を丁寧に分析することが大切です。

まず、落ちた理由として考えられることは借入を希望する金額が多かったのかもしれません。

勤続年数や雇用形態に問題があった可能性もあります。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況も大きな要因となります。

これらの残債をきちんと整理することがリフォームローンの審査に受かる近道となります。

リフォームローン審査の内容について紹介します。

リフォームローン審査の内容とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

対象となるリフォーム工事にはどんな工事でも対象になるというわけではなくいくつか定められた条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

減税申請を行う側についても条件が定められており年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

減税は自己申告制なので入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。

アプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

金利に関しましては短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや担保や保証人が不要ですので、小規模なリフォームにはおすすめです。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは金融業者のHP上に設置されています。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

返済期間や借入希望額、割合などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報の登録をせず試算することができますので安心して利用することができます。

返済額の計算は難解ですから積極的に利用することをお勧めします。

外資系 住宅ローンメニュー