外資系住宅ローンの審査は甘い?厳しい?

外資系住宅ローンの特徴

外資系金融機関 の商品は外資系の強みを生かして従来の日本の常識にとらわれない柔軟な審査や商品構成で多くの人に支持されています。数多くの商品が細かくラインアップされています。今まで日本の金融機関の審査基準ではなかなか審査が通らなかった自営業や外国人の方、転職・就職したばかりの方、派遣・契約社員の方向けにも数多くの商品が用意されているのです。また金利ミックスローンなど外資系のノウハウを生かした【人を見る】柔軟な審査で今まで借りることが難しかった職業の方でも借り入れが可能になったのです。

自営業の方でも借りられる「起業家・自営業応援プラン」

自営業者だと住宅ローンを借りるのは難しい、以前からよくそういわれています。実際サラリーマンの方と比べると審査のハードルが高くなるのは事実です。従来、日本の金融機関の審査基準は、安定を重視してきました。「安定した収入があること」という点において自営業者は収入が定まらず不利になるのです。は外資系ならではの独自の返済能力を評価する審査方法により独立して働いている、自ら開業してがんばっているあなたのマイホーム計画を応援しています。

就業形態にとらわれない、派遣・契約社員の方向けローン

高いスキルを活かして派遣・契約社員として働いている方々も、日本のローン審査の常識では安定性という面でマイナスされてきました。派遣社員・契約社員では借り入れは不可能だろうとあきらめていた方もいらっしゃるかもしれません。就業形態にとらわれない総合的な審査で派遣・契約社員の方が積極的なサポートを受けられます。また実際にのウェブサイトで住宅ローンを組まれた派遣・契約社員の方の事例集がありますので是非参考にしてみてください。

就職・転職したばかりの方の向け住宅ローン

安定した収入ということが第一の条件になる日本の金融機関の審査基準では、転職したばかりの方、新卒で就職したばかりの方、特に転職して3年以内はやはり審査が通りにくいという現実があります。しっかりとした職歴が10年以上あるのに、キャリアアップのために転職したのが2年前だから融資されないという事も考えられます。しかし外資系の会社なら、あなたのキャリアが一貫しているか、どのようなスキルを身につけているかということで判断し審査を行います。就職後すぐのかた、転職して3年以内の方には外資系がおすすめです。

外国の方向け住宅ローン

現在、日本での住宅購入を希望する外国人の方のニーズが増え続けています。今では外国の方が日本で住宅を購入したいという時に借り入れすることも可能になってきました。以前は永住権を持っていることがまず必要でしたが、このごろでは一定の条件を満たせば永住権がなくてもハードルは高いですが、住宅ローンを組むことが可能になってきています。外国の方向け住宅ローンは日本に居住し永住権を持っている方、または日本語または英語でコミュニケーションが取れる方など外国籍の方でも利用できるものが用意されています。

手数料・金利・総支払額が業界最低水準のフラット35

フラット35は長期固定金利で民間金融機関の通常よりも金利が低いということでとても人気のある商品です。フラット35は金利と手数料が取り扱い金融機関によって違うという特徴があります。しかもその違いは返済が長期にわたるものですから最終的には数百万円にもなるほど大きく異なっているのです。フラット35は取り扱い337の金融機関中でも最低の水準の事務手数料と金利が大きな魅力です。フラット35はどこで借りても金利と手数料以外にはほとんど違いがありませんから、金利と手数料の安いのフラット35を選ぶのは当然のことですよね。

もっと詳しく知りたい人は>>フラット35詳細はこちら

住宅ローンに申し込む際の注意点

自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。

なので、すぐに支払いをする。

といった事は難しいですよね。

それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。

どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋任せにしても良いと思います。

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。

変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

一般的なローン同様、重要視されます。

それに加え、これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申請後は金融機関側の審査がありそれにパスが出来ないと次の段階には行けません。

ここで重要とされる基準は年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

加えて、ローンカードを使用したことがあるかどうかも厳しくチェックすることがあるので今後住宅購入を考えているのであれば無理な使い方はしないようにしてください。

住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。

その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。

団体信用生命保険という物は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、ローンの残額が無くなる。

という保険です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、その内の一割を税金として支払うものです。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

他にも年齢や金額によって細かく決められているので、返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

将来、家を買うために住宅ローンを考えている方は借入れ以外で必要な経費はいくらなのか把握しておきましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるか合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。

自分の家が欲しいと思ったとき一般的には住まいの融資に頼る人が多いと思います。

たくさんある金融機関、どこでも申し込み可能なのでせっかくなら評判を気にして選びたいところです。

その際、参考にしたいのが口コミサイトです。

参考:住宅ローン審査に通らない人とは?借りられない理由【審査甘い銀行は?】

サイトには資金調達の事だけでなくお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって大変貴重な良い参考になるかと思います。

住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があれば残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。

トラブルが起こっても対処できるように備えましょう。

一番は、慌てずに焦らず今の状況を確認しましょう。

クビになった原因が会社側か自分にあるのか、その理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。

勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るので改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。

但し一回でも延滞してしまうと、続けられなくなるのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

とても簡単に申請でき近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし忙しく人はインターネットバンキングというのも一つの手法です。

また、不動産屋と提携している金融機関に任せる。

やり方もあります。

申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合10年に渡って控除を受けられます。

その場合は、年末調整ではなく支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

マイホームの購入を考えていらっしゃる方は多いと思います。

購入する為にはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。

銀行や信用金庫、住信SBIネット銀行などのネットバンクでも住宅ローンをの申し込みが出来ます。

ローンの申し込みをする際は、金利・審査・諸費用がかかります。

審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。

ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。

諸費用は色々な物が含まれ、人それぞれですが数百万単位が多いです。

マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

一般的には3〜4カ月かけて契約が完了します。

自宅購入の資金は、現金一括で。

という風な事は、通常あまり起こりえない事です。

たいがいは、住宅ローンという借金をして購入します。

周りでローンを組んでいる人の、何が一番大変か?という話を聞くと支払に関する答えが多いです。

人によって、支払は最長35年にもなります。

支払いをしている間は、金利状況も気にしつつ人生は突然何かが起こるものです。

支払の途中に病気で入院。

という可能性もあり得ます。

なので、様々なリスクを考慮して購入を考えると良いでしょう。

じぶん銀行の住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても慎重に行われます。

審査の合否判断には約1週間前後かかります。

結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。

家が欲しい!思ったときに資金調達として利用できるのが住宅ローンです。

申請する場合は、銀行・信用金庫または住信SBIネット銀行などのネットバンクなどからも受け付けています。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

大切な点は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

あわせて、過去の金銭トラブルなども判断材料になりますから万が一思い当たる人はそちらをまずきちんと整理し申し込みをした方が良いと思います。

今後、新築を希望されている方や既にローンを組んでいる方も注意したいのがオーバーローンにならないようにする事です。

どんな理由があっても住宅を購入するために用意されているので、住宅のためでないものは通常、認められません。

それにより、用意すべき費用はいくらなのか?これを明確にした上で申請する必要があります。

仮に、契約した借入れ内容に不具合があれば間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。

今から少しでも不安な点があればしっかりと確認し、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。

住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えは誰でもメリットがある訳ではありません。

理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所はまずないでしょう。

借り換えにはそういったケースも含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

ページメニュー